top of page
検索

日本タイポグラフィ年鑑2023のパッケージ部門で入賞、年鑑に仕事が掲載されました。

日本タイポグラフィ年鑑2023に、JAあいち中央さん、コピーライターの高岸誠さんとともに作り上げた「JAあいち中央のお米シリーズ」が掲載されました。


パッケージ部門の入選作品。なんと嬉しいことに1ページ丸ごと使っての掲載です。日本中のデザイナーが注目を浴びる歴史ある年鑑に、1ページ掲載。大変光栄でありがたいことです。


「JAあいち中央のお米シリーズ」は、地元銘柄あいちのかおりを皮切りに、同エリアであらゆる銘柄のお米育成に挑戦、米を育てることができたらパッケージを追加していく方式で完成したシリーズです。まさに農家さんの血と汗と涙の結晶です。


クリエイティブディレクター、兼コピーライターの高岸さんは本業はお米農家さん。わたしは個人的にも高岸さんの心の深いところに温かく響くコピーのファンですが、こちらのパッケージの下部にも高岸コピーが存在感を放っています。


わたくし個人としては、いろんな想いを抱えて、それを乗り越えての挑戦でした。なので本当に感慨深いです。


JAあいち中央「碧海そだち」


パイ インターナショナル「日本タイポグラフィ年鑑2023」










閲覧数:108回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page